トピックス

  1. 生命保険金受取人の実質判定

    生命保険に加入すると、保険金の受取人を指定しますが、いざ被保険者が死亡した時、保険金を渡したい人が当初から変わってしまっているときもあります。そのような場合、課税関係はどうなるのでしょうか。

    続きを読む
  2. パートの社保加入の影響と企業の対応

    ◆2022年10月から社会保険適用拡大今まで対象外だった企業・社会保険の適用対象者が拡大されます。

    続きを読む
  3. 令和3年年末調整 変更点と誤りやすい点

    ◆印鑑不要になった!年末調整は、給与を受ける人それぞれについて、原則毎月の給与や賞与などの支払いの際に源泉徴収した税額と、その年の給与の総額について納めなければならない年税額とを比べて、その過不足を精算する手続です。

    続きを読む
  4. 個人事業主の家賃按分

    ◆家賃は按分して経費になる自宅で仕事をしている個人事業主は家賃を経費にできますが、その場合の家賃は事業用だけではなく、個人の生活のために払っている費用も含まれています。

    続きを読む
  5. 相続で所有者不明土地にしないために

    高齢化で相続が増加する中、利用されない土地が増えると、所有者が判明しない、又は連絡がつかない所有者不明土地が生じます。今年4月、これらの解消を目的とした民事基本法制の見直しが行われました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る