トピックス

  1. 節税保険の規制強化

    中小企業経営者の節税手法として活用されてきた一部の生命保険について、国税庁は名義変更時の評価方法を見直す改正通達を発遣しました。今後は低解約返戻金型の定期保険について、低額で経営者個人に譲渡して行う節税策が使えなくなります。

    続きを読む
  2. 税務署窓口における押印の取扱いでの注意点!

    ※2021年度税制改正国税庁は、2021年度税制改正により、税務署窓口における押印の取扱いで注意を呼びかけております。

    続きを読む
  3. 令和3年は固定資産の評価替えの年

    ◆3年に一度の評価替え令和3年度は、3年に一度の固定資産の評価替えの年(基準年度)です。新しい評価額は、令和4年度、令和5年度まで3年間適用され、市区町村の固定資産税納税通知書および課税明細書に記載されています。

    続きを読む
  4. 令和3年分からふるさと納税の申告手続簡素化

    ◆ふるさと納税の確定申告が簡単になる?個人の所得・控除によって決まる控除上限金額までの寄附なら、自己負担が2,000円で返礼品が貰えるふるさと納税制度。令和元年度の寄附件数は約2,334万件、寄附総額は約4,875億円となり、すでに市民権を得た制度となっている印象です。

    続きを読む
  5. 免税駐車場事業者のインボイス対応

    令和5年10月1日に導入される消費税インボイス制度(適格請求書等保存方式)。今年(令和3年)10月1日からインボイス発行事業者登録申請書の受付が始まります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る