ふるさと納税

  1. 令和3年分からふるさと納税の申告手続簡素化

    ◆ふるさと納税の確定申告が簡単になる?個人の所得・控除によって決まる控除上限金額までの寄附なら、自己負担が2,000円で返礼品が貰えるふるさと納税制度。令和元年度の寄附件数は約2,334万件、寄附総額は約4,875億円となり、すでに市民権を得た制度となっている印象です。

    続きを読む
  2. 義援金の控除と見舞金の損金算入

    ◆義援金はふるさと納税扱い今年も災害が多い年となってしまいました。被害に遭われた方へ、心よりお見舞い申し上げます。

    続きを読む
  3. ふるさと納税の見直し

    ◆2019年6月1日からの制度変更一部自治体のお礼の品は寄附に対しての割合が高すぎる、過度な競争が起きているとして、今年6月1日以降の寄附について、大臣が指定しない自治体に対しての寄附は、ふるさと納税における住民税の特別控除が適用されなくなります。

    続きを読む
  4. 消費税改正に向けた次世代住宅ポイント制度とは?

    ◆消費税率引上げに対しての政策消費税率の引上げが行われると、引上げ前の駆け込み需要の後、需要は大きく低下します。

    続きを読む
  5. ついに法規制 2019年のふるさと納税改正

    ◆税制改正で過剰競争を抑制できるかふるさと納税は通常の寄附金控除とは異なり、住民税を大きく引いてくれる特別な控除があるため、個人の所得や控除によって限度額はあるものの、通常は負担が2,000円で済むようになっており、自治体が「寄附のお礼の品」を用意することによって、お得な制度となっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る