確定申告

  1. 令和3年分からふるさと納税の申告手続簡素化

    ◆ふるさと納税の確定申告が簡単になる?個人の所得・控除によって決まる控除上限金額までの寄附なら、自己負担が2,000円で返礼品が貰えるふるさと納税制度。令和元年度の寄附件数は約2,334万件、寄附総額は約4,875億円となり、すでに市民権を得た制度となっている印象です。

    続きを読む
  2. 領収書から医療費通知書へ

    ◆医療費控除の要件医療費控除を所得税の確定申告で受けるには医療費の領収書の添付又は提示が必要で、特にその明細一覧表の作成は義務ではありませんでした。それが、平成29年の税制改正で、医療費領収書の添付又は提示が不要となり、その代わりに、医療費控除の明細書を作成し、添付することになりました。

    続きを読む
  3. 医療費控除いろいろ

    ◆提出書類等が変わった医療費控除平成29年の確定申告から、医療費控除の適用に書面提出の場合でも「医療費控除の明細書」を提出すれば、領収書の提出が不要となりました。また「医療費通知」の添付でも申告を受け付けるようになっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る